ダイエット茶の副作用と危険性

67b59939e1989c19c1b71c718f655b42_s

ダイエット茶は手軽に始められるダイエット方法として人気があります。ダイエット効果のあるお茶もさまざまなアイテムが販売されており、自分の目的や好みに合ったアイテムを見つけるのも難しくありません。

しかし、気になるのがその副作用や危険性です。飲むだけで痩せるというダイエット茶に危険性はないのでしょうか。

ダイエット茶の効果

ダイエット茶にもいろいろなタイプがありますが、痩せると評判のものには、デトックス効果をうたっているものが多いようです。

つまり、むくみや便秘を解消して、すっきり効果を得るというものです。

ダイエット茶はあくまで食品ですので、お薬のような副作用はありません。ただし、中には効き目が強すぎてお腹がゆるくなるという報告もあるようです。

ダイエット茶の危険性

このようなダイエット茶の場合、下剤と似たような作用を持つものを原料としているケースがあるかもしれません。

そのような強い効き目があるお茶は、頑固な便秘に悩んでいる人にはいいかもしれませんが、そうでない人にとっては効き目が大きすぎるものです。もちろん、飲み過ぎに注意すればいいのですが、最初の商品を選ぶときに、しっかりと成分確認しておくことも大切です。

ダイエット茶で副作用が出たときの対処法

gyokurocha2

ダイエット茶を飲んでお腹がゆるくなってしまったり、下痢になってしまったというときは、いったん使用を中止しましょう。

症状がひどいようなら医師の診察をうけることも必要かもしれません。しかし、少しお腹がゆるいなあというくらいであれば、お茶の煮出し加減を調整するという方法もあります。

ダイエット茶は、茶葉を蒸らす時間が長いほどその成分がお茶(お湯)に溶けだし、色も味も濃くなります。

ですので、飲んでみて効果が強すぎる場合には、蒸らす時間を短くし薄めにお茶を出してみると良いでしょう。

妊婦さんや授乳中の人は注意

tyuugokucha2

また、ダイエット茶が向かない人もいます。ダイエット茶の中には、カフェインを含むものもあり、これらのアイテムは妊娠・授乳中の女性は避けるべきでしょう。

もちろん、妊娠・授乳中でも飲めるダイエット茶もあります。特に妊娠中は便秘に悩まされる女性も多いので、これらのお茶を飲むことで便秘防止につながるかもしれません。ただし、妊娠・授乳中は体質が変化する人も多いです。

不安な人はかかりつけの医師に相談してから使用を決めると安心ですね。

ダイエット茶は賢く選んで

ダイエット茶はたくさんの種類がありますので、つい目移りしてしまいますよね。

お茶でダイエット効果を得たい人の中には、しっかり効果を実感したいという人もいれば、ゆっくりと健康的に痩せたいという人もいるでしょう。ネットの口コミやランキングサイトを参考にしながら自分の目的に合ったものを見つけることが大切です。

また、ダイエット茶はある一定期間継続しないと意味がありません。ですので、身体に負担のかからないものを気長に続けるつもりで始めてみてください。

痩せるお茶ランキングなどを参考にするのが良いでしょう。